木曜日, 1月 05, 2006

BDプレーヤー価格発表

BDプレーヤーの価格が発表され、PS3コケがより現実のものになりました。
発表されている最も安いものでもサムスンの1000ドル、
最も高いものはパイオニアの1800ドルのものです。
ソニーの製品は1200ドル前後だそうで、
もし、PS3を従来どおり39800円税別(およそ340ドル)で出すとSCEは赤字、
他社も売れずに結局共倒れになってしまいます。


逃げ道として考えられるものと起こりうる結果をまとめてみました。
・BD不採用
久多良木の性格からしてあり得ないし、BDアライアンスから追い出される事は必至。
・箱○と同様にドライブを外付け式に変更
これだとPS2のHDDや、GCの発展系Qのようになる事は容易に予想できる。
・他のBDプレーヤーと足並みをそろえる価格にする
即死決定。ライバル機を2つとも買える値段になる。
・PS3発売中止。同時に久多良木をクビ
これが最善策だったりもする。余計な赤字も出さずに済む。
以降、PS2とPSPを販売中止にし、修理を専門に行えばそこそこ稼げるはず。

四面楚歌とはまさにこのことでしょうか。いや、少し違うようですね。
退路は残ってはいるものの、しんがりを買って出るものがいない状態でしょうか。
どちらにせよ、PS3コケは妄想といえるものではなくなりました。