土曜日, 1月 07, 2006

試算を出してみる

多少の修正を加えての引用。ライセンス料込み。

もっとも安い自作PC用パーツの6割の値段での試算。単位は円。
CPU、GPU 各12000
M/B(GbEや無線LAN、USBはオンボードとする。FlexIO込み) 8000 
XDR 256MB 3000
GDDR3 256MB 2000
SD・MS・CFリーダー 1000
300W電源 3000
冷却装置 2500
ガワ    1500
HDMI(ライセンス料込) 3000
BDドライブ 25000 本体に掛かる費用だけで合計7万3千円。
加えて付属品や輸送費等も掛かるため8万円は掛かるでしょう。

これを従来どおり39800円税別で発売できたら大したものです。
いくら成功すればBDのライセンス料が見込めるといっても、
100万台販売しただけで400億円もの赤字です。
当然、それ以上を販売するので今のソニーの利益では耐え切れません。

ちなみにライバル2社はというと
MSはXbox事業数千億円の赤字を平気で笑っており、
そもそも任天堂はハードでは赤字を出さない方針です。
どうやっても勝てません。

ゲーム機戦争に突如現れ、一気にシェアを奪ったソニーらしい戦略を期待します。
期待するだけ無駄でしょうが。